注目

JCB THE CLASS取得の最短距離、こっそり教えます…

7b851790d732a676b34aef9c32fa3ced_s

インターネット通販が一般的になった事もあり、買い物時の決済の際にクレジットカードを利用する人が多くなっています。

しかもクレジットカードは、食事や宿泊費、或いは公共料金の支払い等、様々な場面で使える上に、支払いに利用する事で、ポイントが貯まる等お得さもあるものです。

しかもカード会社には、それぞれランクやクラス等があり、多く利用する人は更にお得な特典が得られる仕組みとなっています。

 

JCB THE CLASSは、JCBカードの最もステータスの高いカードであるだけに、手に入れる事が出来れば、お得な特典を得る事が可能です。

 

JCB THE CLASSで得られる特典としては、コンシェルジュサービスがあり、旅行に行く際には、ホテルや電車等のチケットを予約してくれたり、人気のレストランの予約を取ってくれる等、予約の代行サービスを行ってくれます。

しかもレストランの予約を2名以上で行うと、1名分が無料になるというお得なサービス等も存在しています。

 

更にJCB THE CLASSは、国内外で数百か所に及ぶという、空港ラウンジを無料で利用する事が可能です。

更に旅行時の傷害保険は最高で1億円のものが自動で付帯されたり、最大500万円まで保証可能なショッピング保険も付いていたりする等、JCB THE CLASSの特典内容は充実しています。

 

もっともJCB THE CLASSは、JCBカードの最高ステータスであるだけに、いきなりこのカードを所有する事は不可能です。

なのでまずはJCBゴールドカードを取得し、2年連続で100万円以上カード利用する等して、利用実績を積み上げる様にします。

 

そうすると、今度はJCBゴールドカードからステータスアップするための、JCBゴールドザプレミアの案内が届くという流れです。

 

後はJCBゴールドザプレミアになった上で、再び利用実績を1年から2年程積んでいると、JCB THE CLASSの案内が届くという流れが多かったりします。

なのでJCB THE CLASSのカードを出来るだけ早く持ちたいなら、最初からJCBゴールドカードに申し込む事が、近道となっているのです。

緩い?厳しい?JCBゴールドカードの審査基準

5f872296e40ffc86cfcf0c459cda7f98_s

まず一般論として、最近ではゴールドカードの審査基準はかつてに比べると全く厳しくありません。

というのも、ゴールドカードを上回るようなステータス性を誇るカードが次々と登場してきているからです。

ゴールドカード程度であれば、持ちたいと思えばほぼ誰でも持てるようなものというのが最近の一般的な認識です。

 

しかし、JCBゴールドカードについては多少話が違うかもしれません。

JCBゴールドカードはJCB自身が発行しているカードであり、提携先が発行しているものではありません。

JCB自身としても、やはりカードのステータスを不必要に落としたくはないでしょうから、世の中のほかのゴールドカードに比べれば少し敷居は高くなっています。

 

ホームページを見ますと、JCBゴールドカードの申し込み対象は20歳以上で安定継続収入のある方となっており、ゴールドカード独自の審査基準により判断しますとなっています。

おそらく、年収は500万程度は必要です。

年齢も20代後半か30歳以上のほうがよいでしょう。

 

もし審査に落とされた場合は、素直にJCBの一般カードから初めて、クレジットカードの実績を積むようにしたほうが結局はゴールドカードへの近道となるでしょう。

JCBゴールドカードはメリット多数のおすすめカード♪

0df282cf725cecbde07f8a7e37d32879_s

JCBゴールドカードはプロパーカードのゴールドカードであり、さまざまな付帯サービスがついています。

海外でも利用の出来るクレジットカードですが、国内加盟店数が1位を誇るカードであり、日本国内でのメリットも多く付いています。

 

JCBゴールドカードのメリットのひとつとして、オンライン入会をすると年会費が初年度は無料というサービスがあります。

通常の年会費は10000円ほどですが、オンラインによる特典として国際ブランドのプロパーカードで年会費が無料になるのは珍しい特典でもあります。

 

JCBゴールドカードでは海外旅行の傷害保険が自動付帯で付いてくるサービスもあり、家族特約もついています。

 

旅行保険の保証は海外旅行の場合は最高1億円であり、国内旅行の場合は最高5000万円の保証がついています。

 

JCB一般カードでは旅行保険の家族特約は付いていませんが、JCBゴールドカードになると家族特約もあるので国内・海外旅行でも安心して利用が出来ます。

 

JCBゴールドカードの家族特約は19歳以下の家族への保証もあり、家族で国内・海外旅行をする場合でも保証があるのでファミリー層の利用に人気があります。

病気や怪我の保証だけに限らず旅行先で飛行機の遅れによる保証も適用されます。

JCB THE CLASSのインビテーションならまずはこのカードを!

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

JCBが発行する最上位のクレジットカード(ブラックカード)である「JCB THE CLASS」は、インビテーションを受けなければ会員資格を得ることができないカードです。

 

ブラックカードの会員になるためには様々な条件をクリアしなければなりませんが、JCB THE CLASSの会員を目指すのであれば、まずはJCBゴールドカードの会員になることがその第一歩といえるでしょう。

JCBゴールドカードは、年会費は1万円と決して安いものではありませんが、会員となるだけで無条件で旅行傷害保険やショッピング保険、航空機遅延保険などの各種保険が付帯されたり、国内空港の施設内にあるラウンジを利用できるようになるなど、一般カードを持っていては得られない特典をたくさん得ることができます。

 

このままJCBゴールドカードを利用していてもまったく問題はありませんが、JCB THE CLASSのインビテーションを受けたいのであれば、高額の年収と長期にわたる利用実績が必要となります。

 

年収については会社である程度地位の高い役職に何年にもわたって就いていれば自然とついてきますが、利用実績についてはカードをつかった代金の支払いを積極的におこなっていかなければ、カード発行元からJCB THE CLASSの入会資格を与えるにふさわしいと判断されるのは難しいでしょう。

JCBブラックカードで受けられるディズニーでの優待とは?

145819822873180cd3ef94d9e9c80932_s

JCBは、東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーであるため、同施設とのコラボレーションで、さまざまな優待サービスを展開しています。

 

そんなJCBカードの中でも、JCBブラックカード会員のみが利用できる、さらに1ランク上のサービスが提供されています。

園内のJCBラウンジでは、ラウンジ内での休憩、ソフトドリンク飲み放題、アトラクションへの優先搭乗といった嬉しいサービスを受けることができます。

 

また、東京ディズニーランドには、ガイドブックや案内マップには表記されていない秘密のレストラン「クラブ33」が存在しています。

フレンチのコース料理を中心に据えた園内で唯一お酒が飲める施設で、通常、特別な招待や紹介が無ければ入場することが出来ません。

 

そんな一度は行ってみたい「クラブ33」にJCBブラックカードの会員であれば、年に1回入場することができます。

完全予約制ですが、超人気の施設のため、常に予約が一杯の状態です。

2016年から予約できるのは大人2人のみ、予約が殺到した場合は抽選となりました。

ドレスコードが設定され、男性は「襟付きのシャツ、長ズボン、靴の着用」、女性は「過度な露出の無い服装」また、「ビーチサンダルやラフなジーンズやショートパンツはご遠慮ください。」とされていますのでご注意ください。

 

JCBブラックカードは、ディズニーファンも大満足の特別なカードです。

JCBブラックカードを手に入れるための年収目安は?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

クレジットカードには、年会費無料から千円程度の一般カード、1万円前後のゴールドカードと、5万円以上のプレミアムカードがあり、プレミアムカードはカード会社によってプラチナカードやブラックカードなどと名付けられています。

 

JCBブラックカードの正式名称は”THE CLASS”ですが、カード表面のカラーがブラックになっています。

 

JCBブラックカードの入会基準は、年齢40歳以上、年収1000万円以上とされていますが、実際にはこの基準は参考であり、それまでのカード利用実績、文字通りのクレジット=信頼が評価されます。

年間の利用実績100万円以上を二年以上継続することでJCBブラックカード入会への道が近づくので、クレジットカードを分散せずに、JCB本体発行(JCBブランドの中でも、発行会社が異なる提携カードを除きます)のカードに利用を集中させると効果的です。

 

 とはいえ、年間100万円以上のカード利用をするには、税金や社会保険料を差し引いた手取り収入から生活費を差し引くので、最低ラインとして年収500万円程度は必要です。

 

 カード入会は原則としてインビテーション(招待状)が届くのを待って行いますが、カードの利用実績を積み上げたら、JCBカードデスクに要望を伝えるのも有効です。

JCBブラックカードを取得するために満たしておきたい条件

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

クレジットカードの中でも最高級の品質を誇っているのが、JCBブラックカードと呼ばれるものです。

 

このクレジットカードは利用申し込みをすると使えるものではなく、JCBの会社が利用者の中から招待をして利用できるカードとなっています。

つまり、JCBブラックカードは招待制のクレジットカードで、利用者の年間決済額や利用履歴を会社側が判断して、優良顧客と認定されると使えるようになるカードです。

 

ビジネスマンのなかには、JCBブラックカードにあこがれを抱いている人も多いでしょう。

審査基準があり、それに合格することによって招待される仕組みになっています。

 

最初の入り口は、ゴールドカードを利用していることです。

ゴールドカードを利用している人の中から招待する人を選ぶので、ゴールドカードをもっていなければいけません。

ゴールドカードを利用して、年間決済額が100万円から300万円くらいあると数年あれば、JCBブラックカードの招待がくるでしょう。

 

利用履歴だけでなく、規約をしっかり守ったりしなければいけません。

会社にとってメリットがある顧客だと認識させることによって、招待される確率が高くなるので、体験談やレビューをみながら利用法を考えましょう。

魅力が満載♪JCBブラックカードの特典とは?

9506c43c0b18a1c849e78754a741df95_s

クレジットカードには、年会費が無料から1000円程度の一般カード、5000円から10000円程度のゴールドカードと、50000円以上の年会費が必要なプレミアムカードがあり、カード会社によってプラチナカードやブラックカードと名付けられています。

 

JCBブラックカードは、”THE CLASS”が正式名称で、年会費は50000円(消費税別)です。

 

多くのクレジットカードで、ゴールドカード以上には各地の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが付帯されていますが、JCBブラックカード独自のサービスとして、同伴者1名は無料、2名からは1人につき2000円(税別)で利用することができます。

プレミアムカードの中でもJCBブラックカードの”THE CLASS”ならではのアドバンテージに、24時間365日のコンシェルジュ、東京ディズニーリゾートオフィシャルスポンサーのJCBだからこそできるクラブ33のインビテーションがあります。

 カード会社が日常生活の様々なサポートをするデスクはここだけではありませんが、24時間・365日年中無休で、レストランや旅行の手配、観劇のチケットなどを依頼すると、自分に代わって調べたり入手の手配をしてくれるので、無敵の秘書サービスということができます。

 

 また、クラブ33はディズニーリゾートの中にありながら、スポンサーや関係者の紹介がなければ入れない特別な場所ですが、そうした知り合いがない人にとって唯一といっていい方法がこのカードです。

 

 これだけではなく、年1度、メンバーズセレクションといって、1万円から3万円程度のセレクトギフトなど、年会費がお得に感じられる魅力にあふれています。

JCB THE CLASSの審査条件|やはり審査は厳しめ?

96697a50df6accd221df62aec551a8a0_s

JCB THE CLASSは、JCBが提供するプラチナカードで、審査を受けて認められた人だけが所有出来る特別感があります。

 

審査条件は少なくても、JCBのゴールド会員であること、年齢は40歳以上で、年収は1千万円台であることが挙げられます。

 

ただ、これらの条件は、JCB THE CLASSが公式に発表している基準ではなく、あくまでも一般的に知られている経験則から統合された結果です。

 

以前は、誰でも入会希望が行えたJCB THE CLASSですが、今では招待制に変わり、今までよりも基準が厳しくなっていると考えられます。

詳しい条件や基準は公開されていませんが、JCBカードを所有した上で1千万円クラスの収入を維持し続ければ、やがてJCB THE CLASSのお誘いが届く可能性が高まるでしょう。

JCB THE CLASSを手にする人は、収入やステータスが認められることを意味するので、所有によって経済力が示せるカードといえます。

 

審査の厳しさはありますが、利用枠や所有する魅力を考慮すると、むしろ誰もが欲しくなる憧れの存在になります。

 

詳細な条件が不明な以上、狙って申し込むことは困難ですが、今あるカードを積極的に活用して、実績を増やし高めておくことが大切になるでしょう。

JCB THE CLASSのメリット|人気の理由がここにある!

92104ea43b027711947011b10cda877c_s

「JCB THE CLASS」は、JCBのプラチナカードで、数あるクレジットカードの中でも常に人気が高く、入手が難しいカードとしても知られています。

 

年会費は税抜き5万円ですが、「JCB THE CLASS」を所有することで様々な特典を受けることができます。

通常のクレジットカードと違い、年間利用額や利用実績に応じてインビテーション(招待状)が届くので、そのインビテーションから申し込むのが一般的なカード取得方法です。

 

「JCB THE CLASS」は旅行損害保険が充実しているのが特徴で、海外国内問わず、旅行の多い人に恩恵の大きいメリットです。

保険は最高1億円が自動付帯されるほか、購入した品物が偶然のトラブルで損害を被った場合、90日以内ならば最大500万円まで保証してくれます。

 

さらに、電話一つで旅行やレストランの手配ができるコンシェルジュサービス」や、世界の約600ヵ所以上の空港において、ラウンジが無料で利用できるようになるプライオリティ・パスなど、最高ランクの「JCB THE CLASS」にふさわしいメリットがたくさん付帯されています。

 

また、JCBは東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーです。

 

貯めたポイントをディズニーランドやディズニーシーで使える、パークチケットやホテルの宿泊券に交換することもできます。

JCB THE CLASSの年会費|実は破格の年会費?

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

JCB THE CLASSですが、これはゴールドカードよりさらに上のカードです。

 

実はJCBにはゴールドカードより上のカードとしてまずゴールド ザ プレミアと呼ばれるカードがあります。

 

これはいわゆる招待制クレジットカードで、ゴールドの上、いわばプラチナに当たるカードです。

そして、JCB THE CLASSですが、JCBゴールド ザ プレミアよりもさらに上のカードであり、JCBの最高峰に位置づけられるカード、いわゆるブラックカードということになります。

 

もちろん招待制であり、誰でも持てるカードではありません。

 

さて、JCB THE CLASSの年会費ですが、これははっきり言って破格のものになっています。

なんと、5万円なのです。ゴールドカードすら持ったことのない人には、5万円ってとんでもなく高い、と思われるかもしれませんが、実は全く話が逆なのです。

 

世の中のブラックカードと呼ばれるカードでは、年会費は数十万円するものもあるからです。

もちろん、JCB THE CLASSのサービスがそれに比べて劣るわけでは決してありません。

 

ブラックカードならではのパーソナルコンシェルジュサービスはもちろんのこと、充実した旅行保険、メンバーズギフトなどなど、とても年間5万円で済むとは思われないくらいのカードなのです。